読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑好きのAP暖炉

主にまったりゲーム日記

イベントの話

どうもこんばんは、最近豆乳で作るカフェモカにハマっているイシバシです。

 

久々の更新となってしまいましたが、とりあえずは細々とJもやって生活しております。

あまりやれていなかった理由は、バイト後に行ける距離のゲーセンがJのあるフロアが0時には閉まっているからです。お陰でディシディアが捗りました。

 

今回はイベントのお話をしたいと思います。

やっぱり珍獣と赤黄が多めでしたね、それとメフィストオロチを使ったワンショットなんかも見かけました。

僕はとりあえずニケブレイブみたいな感じのデッキを握っていました。

とは言え、僕なんかが今更なんか言っても所詮プレミ多めのJⅢの言葉なので、イベント環境の事を言っても偶然この記事を読んでくれてる皆さんも「何を今更言ってるんだ」ってなってしまうと思うので、何故このデッキを握ろうと思ったかという事を振り返ろうと思います。

 

まずデッキ

f:id:isbs_reset:20160217005002p:plain

こんな感じのを使ってました。

 

何故このデッキを使おうと思ったか。

実のところ以前からブレイブドラゴンを使いたいと思っていた事が大きいです。

我ながら実にシンプルな理由ですね。

 

これは昔話(と言っても去年の5月とか6月頃のお話)になるんですが、その頃僕はこのCOJというゲームを始めたんですね。

それまでと言うか、今でもなんですがカードゲームはCOJ以外はほぼやった事なしみたいな状況なので、当時はここまでこのゲームにハマるとは思っていませんでした。

 

で、初めてこのブレイブドラゴンに遭遇した時の事です。

その時は始めたばっかりという事もあってほぼほぼスターターにちょこっと手を加えたみたいなデッキ(確か最初にもらえる黄色のパックとのパックに、当時最新弾だった1.3EX2を少し剥いて偶然手に入ったユグドラシルを1枚と、低レアリティで優秀という情報だけで簡単に手に入るエンビルを3枚、他には武器破壊とか、とにかくその程度)を使っていました。

 

その時に対面に出てきたのが赤緑でブレイブドラゴンを採用していたデッキでした。

JKは勿論ブレシ。

その試合、結構後半に長引いたところで、颯爽と現れた相手のブレイブドラゴンに見事に決められて負けました。

 

その時の僕は秩序の盾なんてモノを知らなかったわけで、とにかくあのブレイブドラゴンがめちゃくちゃ強く感じました。

しかも見た目もめちゃくちゃかっこいい。

そんな事があって、とにかくその日に家に帰ってからすぐにブレイブドラゴンについて調べたわけです。

 

そしたら当然秩序の盾も知る訳です。

そしてそうなるとミューズやらアテナやらが出てくる訳ですよ。おまけに人の業(これについてはよく毘沙門で踏んづけてたのでよく知ってました。)

 

そこで悟る訳です。

「あぁ、こいつは出たのもかなり前だし、今主流のカードに太刀打ちできる力はもうないんだな」と

 

実際のところミューズが出ているだけでまともに仕事は出来ないし、そもそも盾がいようとアタックしても緑のパンプにはなす術もありません。

 

それでも使いたくて3枚揃えた後は赤緑みたいな感じで使ったりもしましたが、戦績はイマイチ(というよりAとかSのランク帯で5割なかったんじゃないかと)

当然ながらミューズなんかも簡単に揃えられるVRだし、そのランクでもわんさか出てきました。

しかもエラッタ前のミューズだから、他の緑がフィールドに居なくてもPIGで舞姫ドローで無限に湧き出てくる訳でして。

 

そんなこんなで、ブレイブドラゴンを使うのが困難な環境だと思い知らされました。

そして追撃のようにすぐ後に現れる1.4

そうです、みんな大好き尊師です。

更に言えばユニット版ブレイブドラゴンとも言えるパズズですね。

これならわざわざブレイブドラゴン使うより早いターンに出せるしウイルスはそこそこ強いしでどんどんブレイブドラゴンを使う意味がわからなくなった、と言うか使わなくなりました。

実際に今では僕はどちらかというと秩序の盾を並べる側のデッキを使ってる訳です。

 

そんなこんなで今回のイベントです。

1.3以前。要は秩序の盾なんて便利な能力が無い時代のカードのみだった訳です。

 

こりゃ使わん訳にはいかんなー、と思って今回のイベントは大好きなブレイブドラゴンを満喫してきました。

 

結果は9-5でギリギリ勝ち越しでフィニッシュ。

とにかく蠅魔王剣が恐ろしいイベントでした、普段並べまくってるから感謝の気持ちが薄れていましたが、改めて秩序の盾には助けられているんだなと実感する次第でした。

 

果たして春のスタン落ちからブレイブドラゴンが生き残れるかはいまいちわからないところですが、最後の思い出作りはできたと思うので今回のイベントは珍獣と蠅魔王に振り回されがちでしたがとても楽しめました。

 

というのが今回のイベントのお話。

特にオチもないお話になってしまいましたが今回は以上です。

次はもっと早く更新したいですね……

読んでくれた皆さん、ありがとうございました、くれぐれも体調にはお気を付けて。

 

twitterID : Isbs_reset

(c)SEGA